2010年01月26日

マーケットのクセから収益を上げる方法 日経225先物版 レビュー

詳細はこちらをクリック


例えば、約60万円(2002年)⇒ 約926万円(2009年)


日経225などのマーケットにはクセがあります。このクセを利用すると、今まで負け続けていたトレーダーでも利益が得られるようになります。


例えば、上記の例(60万円⇒926万円)は日経225のクセで得られる利益の例です。その売買ロジックを使って、日経225先物1枚でトレードするとこうなるということです。


マーケットで勝ち残るトレーダーは、エントリーする前から優位に立っています。それは、「このパターンになったら勝てる可能性が高い」という勝ちパターンを持っているということです。


しかも、1つではなく、多くの勝ちパターンを持っています。それをマーケットの状況に応じて使い分けるわけですね。ですから、短期的には負けることがあっても、長期的には勝ち続けることができるのです。


勝ちパターンを持つには、マーケットのクセを見つけなければなりません。もし、アイデアと時間的な余裕と検証手段があるのであれば、自分でマーケットのクセを見つけるのがベストでしょう。自分だけしか知らないクセを見つけられれば、一気に優位に立てます。


しかし、そんな事ができるトレーダーは全体のごく一部でしょう。アイデアと検証ソフトを持っていたとしても、膨大な検証作業を余儀なくされるのが普通です。


でも、ちょっと発想を変えて、既に検証済みの売買ロジックを買うという手もあります。その際に注意しなければならない事は・・・


■ その売買ロジックを「絶対」とは思わないこと
■ 複数の売買ロジックを使い分けること


どんなに優秀な売買ロジックでも、負けが続くときがあります。また、得意なマーケットの状況、苦手なマーケットの状況もあります。


ですから、なるべく多様な売買ロジックを複数持っておくことはたいへん重要なのです。


『マーケットの「クセ」から収益を上げる方法(日経225先物版)』というノウハウでは、9つの売買ロジックを入手できます。もちろん、検証済みです。


あなたが、これらの売買ロジックを使い分ければ、マーケットで優位に立つことができます。あなたが行うことは、個々の売買ロジックを作ることではなく、それらを使いこなすことです。優れた売買ロジックを使いこなすことに専念すればよいのです。


書籍等で知ることのできる投資法との違いは、長期間にわたって統計的に検証されているかどうかです。書籍の情報は、まだまだ、本当には検証されていないものが多いのです。


それと、もう一つ。書籍の情報は不特定多数の人が知りえるため、初めは優位性があっても、それが失われてしまいます。どんなに優れた投資法であっても、皆が同じ事を行えば儲からなくなりますよね。


売買ロジックを購入する場合には、一部の人しか入手できない情報でなければ意味がないのです。


『マーケットの「クセ」から収益を上げる方法(日経225先物版)』は、相場知識の基本を理解する教材でもあります。提供される9つの売買ロジックを使えば勝ち組のトレードに近づくことができますが、さらに自分で売買ロジックをアレンジすることもできるようになるでしょう。


詳細はこちらをクリック




このサイトは、(有)インターバンクの「マーケットのクセから収益を上げる方法(日経225先物版)」のレビュー、効果、感想などの情報を公開しています。




FX投資法「Profit Maker」 鈴木憲司 レビュー


FXシステムトレード『o(^0^)o ほくほくFX』 レビュー


仕手株完全攻略マニュアル 山本伸一 レビュー



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。